生命保険 比較をすることで月々の支出を抑えて、より流動性の高い貯蓄を高めることも一つの選択肢です。
生命保険 比較を行って必要最小限の保険を選択しましょう

生命保険 比較を行って必要最小限の保険を選択しましょう

生命保険は本来ならば自分や家族の危機から守るためのものですが、必要以上に色々と選択していると月々の保険料の額が膨らんでしまい逆に家計を圧迫する原因ともなる諸刃の剣ともいえます。生命保険に加入する際には選び方を知り、必要とするものだけに絞ることが大切となってきます。今回は生命保険の選び方について説明したいと思います。

まずは現在加入している社会保険や福利厚生・団体保険の内容を知ることです。社会保険とは年金や健康保険のことですが、年金給付や医療費が3割負担になることは広く知られていますが、他にも「遺族年金」や「傷病者手当金」・「高額療養費制度」など様々なものがあります。この他にも会社勤めの方は会社の方で福利厚生や団体保険に加入している場合があるので、会社の規約等で確認しておく必要があります。これらの保障で足りない部分を生命保険で補うことが大切なので、生命保険 比較をする前に自分が加入している社会保険や福利厚生・団体保険の内容が分からないようでは保険の選びようも無いのです。

次に貯蓄だけでは賄えないリスクを優先して保険を考えること。貯蓄は基本的に自由に使えるお金なので不測の事態にも対応することの出来る資産です。生命保険は家族のリスクを低下させてくれますが貯蓄を減らすことになるので、不測の事態への対応力を減らしてしまうとも言えます。その為、「生命保険は貯蓄だけでは賄えないリスクを優先して選択する」ことが最適だと考えます。例えば家族にとっての最大の危機は働き手が死亡した時だと思いますが、社会保障や福利厚生・団体保険で死亡保障が足りない部分を生命保険で補うと良いでしょう。そして貯蓄だけでも何とかなるようなリスクに対しては、また余裕ができたときなどに見直すという方法をとってみてはどうでしょうか。

このように生命保険は必要以上に手厚いものには加入せず、生命保険 比較をすることで月々の支出を抑えて、より流動性の高い貯蓄を高めることも一つの選択肢です。

お知らせ

【2017年01月19日】ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る